チケット #14 (closed enhancement: fixed)

登録: 12 年 前

最終更新: 12 年 前

classpath の設定をスクリプトで行えるようにする

報告者: emotom 担当者: emotom
優先度: major バージョン:
キーワード: 関係者:

チケットの概要

classpath の設定は、jspackman.xmlで自由に追加できる。

しかし、様々な業務から jspackman を利用する場合、各業務からclasspathを変更できる方がよい。

この解決として以下の2つの方法がある

  1. classpath の設定をスクリプトで行えるようにする
  2. jspackman.xmlのURLをカスタマイズ

1についてまず実現する。 2については今後検討する。

チケットの履歴

2009/05/10 16:42:43 更新者:emotom

  • ステータスnew から closed に更新されました。
  • 解決方法fixed に更新されました。

[仕様]
グローバル変数 JSPACKMAN_CLASSPATHに設定する。
設定した場合、jspackman.xmlに指定した場合より優先される。
設定値の仕様は、jspackman.xmlと同じ。
設定方法はチェンジセット( http://oss.intra-mart.org/projects/im-ajax/changeset/36 )の利用例を参考にしてください。
☆ポイント:jspackman.js のscriptタグより先に定義する。

[その他仕様変更]
・jspackman.xml でこれまで利用できていた変数 $JSPAMAN_CLASSPATHは$JSPACKMAN_HOMEに名称変更。